2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No2 団塊ジュニア世代

小学生の頃はバブル経済で日本経済の全盛時代
街中を見れば皆浮かれ気分で調子に乗っていた時代
そんな浮かれ気分の雰囲気もそれほど悪くもない時代
そんな時代背景に育った。

経済が成長するにつれて子供に対するサービスも
充実し、小学生の頃に現在のゲームの先駆け ファミコン
が登場した。

中学生になってバブルが弾けた。
周りの大人はすぐに株価は上昇するだろうとなんの根拠も
ない期待だけの話していたが一向に土地も株価もあがらなく
なりそういう不況に慣れ始めた時代を高校時代に過ごした。

さらに20歳前後が失われた10年の一番深い底に
あった時代で不況もいよいよ深刻になった。
そんな時に地下鉄サリン事件・阪神大震災がおこり
日本人が不安になり、まさに日本に暗雲が立ち込めていた
感じがした時代であった。

その反面 Windows95の登場でネット社会が始まった
象徴的な時代でもあった。

そして団塊ジュニア世代が大学を卒業して就職活動する
時には日本は10年不況の影響を受け不景気になっていて
就職氷河期であった。

 そして企業も年功序列から実力主義・個人の能力主義に
移行した時代の境目でもあった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dankaijunior.blog121.fc2.com/tb.php/2-e3a60094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

inahokogane9

Author:inahokogane9
32歳までシステムエンジニアとして携帯・大型システム・分析アプリなど数々の仕事の第一線で活躍してきた。
対応できる言語はC/C++/C#/VC/VB/Cobol/SDK(Win32)/ Java/OpenGL(ES)/3Dプログラムをはじめ携帯の仕事も数多くこなしてきた。
ActionScript/phpなどのWeb系もこなす。
携帯OSではITRONから始まりLinux/Symbian/Brew などほとんどの言語/環境の仕事をこなしてきた。
20代の頃から大規模システムの主設計を行い、多くの困難な大規模システム設計を成功させ、乗り越えてきた。

東京理科大学 理工学部 数学科で数学を学ぶ
大学にはほとんどいかず放浪し、好きな本を読みたいだけ読んでいた。
平日から本をバックに数冊しまい、東京中の庭園、美術館、古本屋を始めとする名所を散策する。
その場所々々にある喫茶店に立ち寄っては本を読み
ノートに考えを書き留めていた。
まさに稲穂黄金の放蕩 黄金時代であった。

学生時代に集めた本は2千冊以上。
6畳の部屋の主役はまさに本であった。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。