2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビコン川を渡るときだ!①

団塊Jr世代が今は30代半ばになっている。
これから多くの分野で色々な人がでてくるだろう。

 バブルのおごりも過敏な少年時代に体験した。
世が浮かれた昭和も、不況で沈んだ平成も青年時代に体験した。

親世代に起こった反対の憎しみ、安保闘争、労働紛争、大学紛争を
テレビで見てきた。そして親の世代がそれで何も代わらないのも知っている。

親の勇気のなさは、一番子供がわかるものであるからだ。
騒いでも、何かが大きく変わることではないこと。
受験勉強に明け暮れた少年時代。近所の友達の母親連中が血眼に
子供の成績について語るのもこの世代であった。

良い学校に入ることで救われるなどとは決して思わなかった世代。
会社で出世することで救われるなどとは決して思わなかった世代。

団塊Jr世代は、親の失敗を良く見れて幸運な世代である。

変えていくことは、自分達の一歩一歩であることを知っている世代である。
ゆっくりと着実に変えていく力を養うことを知っている世代である。

さあ!いまこそルビコン川を渡る時である。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dankaijunior.blog121.fc2.com/tb.php/3-1e66e269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

inahokogane9

Author:inahokogane9
32歳までシステムエンジニアとして携帯・大型システム・分析アプリなど数々の仕事の第一線で活躍してきた。
対応できる言語はC/C++/C#/VC/VB/Cobol/SDK(Win32)/ Java/OpenGL(ES)/3Dプログラムをはじめ携帯の仕事も数多くこなしてきた。
ActionScript/phpなどのWeb系もこなす。
携帯OSではITRONから始まりLinux/Symbian/Brew などほとんどの言語/環境の仕事をこなしてきた。
20代の頃から大規模システムの主設計を行い、多くの困難な大規模システム設計を成功させ、乗り越えてきた。

東京理科大学 理工学部 数学科で数学を学ぶ
大学にはほとんどいかず放浪し、好きな本を読みたいだけ読んでいた。
平日から本をバックに数冊しまい、東京中の庭園、美術館、古本屋を始めとする名所を散策する。
その場所々々にある喫茶店に立ち寄っては本を読み
ノートに考えを書き留めていた。
まさに稲穂黄金の放蕩 黄金時代であった。

学生時代に集めた本は2千冊以上。
6畳の部屋の主役はまさに本であった。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。